広島市安佐北区可部南1丁目・M様邸

2022年6月5日by 佐々木 良子施工事例

-1-1200x900.jpg
https://sasaki-tosou.co.jp/ssk/wp-content/uploads/2022/06/施工前-1.jpg

【外壁塗装工事】ラジカルハイブリッド仕様 175㎡
■下塗り 日本ペイント ファインパーフェクトシーラー(ホワイト)
■上塗り 日本ペイント パーフェクトトップ(2回塗り)
※色 ND-503

【屋根塗装工事】遮熱シリコン仕様 81㎡
■下塗り エスケー化研 クールタイトプライマー
■上塗り エスケー化研 クールタイトSi(2回塗り)
※色 CLR-107ミッドナイトグレー

《工期》3月8日~4月7日

築32年、 『セキスイハイム(株)』の軽量鉄骨構造2階建ての洋風住宅です。
屋根は塩ビ鋼板屋根。
12年前に塗り替えをされています。
全体的に変退色していました。
錆びも見られました。
ところどころ塩ビのめくれや剥がれが見られました。
剥がれている所は錆びが発生していました。
至近距離から見ると塩ビが膨れてパリパリになっていました。
このままでは塗装ができないので膨れている箇所は全て剥がし錆止めを塗りました。
鋼板屋根は紫外線を吸収しやすいので今回は遮熱塗料を使用しました。
通常の塗料に比べると表面温度は10℃以上変わると言われています。
これで室内温度が3℃変われば省エネ効果は歴然。
お色の方もあまり黒っぽくないグレーをお勧めしました。
外壁は15㎜厚のシンセライト(硬質木片セメント)
屋根と同じく12年前に一度塗装をされています。
全体的に変退色しています。
手で触ると粉状のものが付着するチョーキング現象が見られました。
クラック(ひび割れ)が見られました。
目地に入っているガスケットの浮きが見られました。
樋は軒樋、竪樋と色を変えて塗っていきました。
その他、軒天、玄関軒天、ベランダ軒天、破風板、鼻隠し、モール、玄関庇天端、玄関庇・柱、小庇、出窓、出張り壁上の板金、ベランダ床面等きれいに塗っていきました。
セキスイさんの建物は鋼板に塩ビが巻いてあったりオリジナルの素材を多く使用してあるのでプライマー(下塗り材)の選定に注意が必要です。
ましてや一度塗装がされている場合はなおさら気を付かないと不具合が出る恐れがあります。
前回の塗り替えはハウスメーカーさんにお願いしたそうですが今回は弊社にお任せいただきました。
前回の工事記録を見せていただいたら11日間で終わってて大層驚きました。
外壁の色も大きく変わりました。
玄関ポーチの柱と破風部分をブロンズっぽいお色に変えてアクセントにしています。
これは大正解だったと思います。
スッキリとまとまりのある仕上がりでとても気に入っています。
M様、工事をお任せいただき本当にありがとうございました。

https://sasaki-tosou.co.jp/ssk/wp-content/uploads/2022/06/施工後-1-1200x900.jpg

ABOUT US

sasakitoso_logo


広島県知事許可(般 – 28)第33641号

株式会社 佐々木塗装

〒731-0212 広島市安佐北区三入東2丁目69-3
TEL:082-810-5310 FAX:082-810-5311