広島市安佐北区口田5丁目・N様邸

2022年5月7日by 佐々木 良子施工事例

-2-1200x900.jpg
https://sasaki-tosou.co.jp/ssk/wp-content/uploads/2022/05/施工前-2.jpg

【外壁塗装工事】ラジカルハイブリッド仕様 225.8㎡
■下塗り 日本ペイント パーフェクトフィラー(マスチックローラーパターン付け)
■上塗り 日本ペイント パーフェクトトップ(2回塗り)
※色 ND-280(北面は強力防カビ仕様)

【屋根塗装工事】シリコン仕様 108㎡
■下塗り 水谷ペイント スラリー強化プライマー(2回塗り)
■上塗り 水谷ペイント 水系シリコン(2回塗り)
※色 No.34 ダンケルブラウン

《工期》3月9日~4月9日

N様のお宅は築28年、木造2階建ての洋風住宅です。
屋根は乾式コンクリート瓦(クボタ パラマウント)
十数年前に一度塗り替えをされています。
全体的に塗膜が変退色していました。
カビの繁殖も見られました。
瓦の割れやずれもなく棟の状態も良かったので補修なしで塗装を行う事ができました。
屋根のお色は茶色がご夫妻のご要望でしたがあえてトーンダウンした色をお勧めしました。
上品な感じに仕上がっておりご夫妻にも気に入っていただきました。
これまでこのブログでも何度もお話していると思いますがこの乾式コンクリート瓦は屋根の中でも一番塗装が難しい瓦です。
きちんとした手順を踏んで塗装を行わないと早い段階で塗膜がペロペロと剥がれてきます。
重要なポイントはしっかりと高圧洗浄を行う事。塗料の選定を誤らない事。上塗り材がしっかりと密着するよう必要であれば下塗りは2回行います。
外壁はモルタル。
屋根と同じく十数年前に一度塗装をされています。
手で触ると粉状のものが付着するチョーキング現象が見られました。
クラック(ひび割れ)も見られました。
日の当たりにくい北面は藻が繁殖して壁が緑色になっていたので今回は北面のみ強力防カビ仕様に致しました。
軒樋の内部に苔の繁殖が見られましたが今回は樋の塗装もご要望なので苔を除去して洗浄を行いました。
その他、軒天下の板金、幕板上の水切り、小庇天端、出窓上天端、ベランダ笠木、ベランダ床面等を塗っていきました。
前回塗装されていた鉄部や樋は変退色してすっかり赤茶けていたのでそこらあたりの変化も見ていただきたいです。
着工時は天候も良く屋根の塗装までは順調に進んでいましたが中盤天候が崩れがちになり1ヶ月間の工事になりました。
屋根、外壁共に色も変わり優しく可愛らしい雰囲気になりました。
最近は黒やグレーを取り入れるお客様も多くなりましたがこういうお色はやっぱり落ち着きます。
奥様、毎日飲み物のご準備ありがとうございました。
工事の間に迎えられた金婚式。
ささやかなお祝いを喜んでいただいて良かったです。
いつまでも仲良くお元気でお過ごしくださいませ。

https://sasaki-tosou.co.jp/ssk/wp-content/uploads/2022/05/施工後-2-1200x900.jpg

ABOUT US

sasakitoso_logo


広島県知事許可(般 – 28)第33641号

株式会社 佐々木塗装

〒731-0212 広島市安佐北区三入東2丁目69-3
TEL:082-810-5310 FAX:082-810-5311