広島市安佐北区亀山南5丁目・T様邸

2020年11月27日by 佐々木 良子施工事例

-2-1200x800.jpg
https://sasaki-tosou.co.jp/ssk/wp-content/uploads/2020/11/施工前-1.jpg

【外壁塗装工事】超低汚染プラチナリファイン仕様 162㎡
■下塗り アステックペイント ホワイトフィラーA(ウールローラー薄付け仕上げ)
■上塗り アステックペイント 超低汚染プラチナリファイン2000MF(2回塗り)
※色 8091ブロークンホワイト

【屋根葺き替え工事】
■(株)鶴弥 スーパートライ110 TYPEⅠPlus
※色 アンティックブラウンS

■樋架け替え工事

【玄関ドアリフォーム工事】玄関ドア用フィルム貼り
■3M ダイノックフィルム DRシリーズ

《工期》令和2年6月5日~7月31日

築29年、『セキスイツーユーホーム(株)』の木質系組立構造2階建ての洋風住宅です。
屋根は厚型スレート瓦。
これまで一度もメンテナンスがない事もあり全体的に退色しており近くから見るとカビの繁殖や塗膜の剥がれが見られました。
塗装によるメンテナンスは不可と判断し葺き替えのご提案をさせていただきました。
今回使用した瓦は陶器平板瓦。
屋根の勾配が3.5寸という事もあり低勾配仕様の瓦を使用しました。
F形瓦としては業界初の2.0勾配屋根にも使用できる瓦です。
軒樋の内部には苔が繁殖していました。
樋は全面新しい樋に交換しました。
外壁は12mm厚の硬質木片セメントボード。
増築部分はモルタルです。
これまで塗装改修がなく今回が初めての塗装メンテナンスになりました。
汚れが目立ち全体的にくすんだ感じになっていました。
また日当たりの悪い面は藻の付着も見られました。
あちこちに縦のクラック(ひび割れも)見られました。
破風や付梁、幕板等は木目調の塩ビ被膜鋼板。
上部から塩ビがベロンと剥がれているのがわかります。
その他軒天、玄関軒天、増築部破風板、玄関梁、玄関柱、鉄製サッシ、勝手口庇等を塗っていきました。
セキスイの建物は外壁だけでなく付帯部分の素材もオリジナルの物が多いので特に下塗り材に注意を払います。
今回の工事のきっかけは奥様からの1本のお電話。
町内にある野立て看板をいつも見てくださっていたそうです。
外壁の色はベーシックなお色ですがだからこそ全体的にエレガントな仕上がりになっていると思います。
玄関ドアもフィルムを貼って模様替え
新築住宅のようになりました。
T様、弊社に工事をお任せいただき本当にありがとうございました。

https://sasaki-tosou.co.jp/ssk/wp-content/uploads/2020/11/施工後-1.jpg

ABOUT US

sasakitoso_logo


広島県知事許可(般 – 28)第33641号

株式会社 佐々木塗装

〒731-0212 広島市安佐北区三入東2丁目69-3
TEL:082-810-5310 FAX:082-810-5311