広島市安佐北区亀山南2丁目・K様邸

2019年11月10日by 佐々木 良子施工事例

-1200x900.jpg
https://sasaki-tosou.co.jp/ssk/wp-content/uploads/2019/11/施工前-1.jpg

【外壁塗装工事】1階 WE多彩仕上工法(2色仕上げ)98㎡
■下塗り スズカファイン WEアートシーラー(白)
■中塗り スズカファイン WEアートSi(A色)
■模様塗り スズカファイン WEアートSi(B色)
■上塗り スズカファイン WEアートクリアー
※色番号 WB2386

【外壁塗装工事】2階 ラジカルハイブリッド仕様 89㎡
■下塗り 日本ペイント ファインパーフェクトシーラー
■上塗り 日本ペイント ファインパーフェクトトップ(2回塗り)
※色 ND-371

【屋根塗装工事】シリコン仕様 98㎡
■下塗り 水谷ペイント スラリー強化プライマー
■上塗り 水谷ペイント 水系シリコン(2回塗り)
※色 No.14チョコレート

【エクステリア工事】
■LIKIL 樹ら楽S デッキ・フェンス取付工事

《工期》7月13日~8月21日

築17年、『(株)トータテハウジング』の2×4工法(木造枠組壁工法)の2階建て住宅のお宅です。
屋根は6寸勾配の乾式コンクリート瓦(モニエル瓦)
これまで塗装改修歴はなく今回が初めての塗装になりました。
全体的に退色しており瓦の割れやカビの繁殖が見られました。
外壁は1階と2階でデザインの違う窯業系サイディングボード。
1階はタイル調の高意匠サイディング。
表面の塗膜は劣化し、艶もなくチョーキング現象を起こしていました。(手で触ると粉状の物が付着する現象)
2階は単色のサイディングボード。
汚れが見られました。
今回1階のタイル調のサイディングボードは特殊な工法で塗装を行いました。
単色(1色)で塗ってしまうと見た目がベタッとした仕上がりになり意匠性がなくなります。
そこで今回は2色の色を使用してボードに模様を付ける工法を用いました。
メインの色の上から特殊なローラーを使用してアクセントになる色を入れていきます。
なお、専用ローラーは特許の関係上モザイクをかけさせていただいております。
仕上のクリアーを塗って完成です。
ちなみにこのスズカファインのWB多彩仕上工法は認定施工店制度によりライセンスを持つ限られた施工店しかできません。
塗装工事はお盆までに終わらせてお盆明けからデッキの工事に入りました。
元々あったデッキは木製でしたが年数が経過して朽ちてしまっていたので今回人工木(樹脂製)のデッキに変えました。
見た目はまるで天然木です。
何と言ってもメンテナンスがほぼ不要なのが大きなメリットです。
昨年弊社で工事をさせていただいたお客様にご紹介をいただきご縁ができました。
どこから見てもすばらしい仕上がりになりました。
工事をお任せいただき本当にありがとうございました。

https://sasaki-tosou.co.jp/ssk/wp-content/uploads/2019/11/施工後-1-1200x900.jpg

ABOUT US

sasakitoso_logo


広島県知事許可(般 – 28)第33641号

株式会社 佐々木塗装

〒731-0212 広島市安佐北区三入東2丁目69-3
TEL:082-810-5310 FAX:082-810-5311