可部町桐原・N様邸の完工報告♪

2015年10月15日by 佐々木 良子ブログ

39-4.gif

7月29日に完工しました安佐北区桐原・N様のお宅をご紹介します
施工前1.jpg 施工前2.jpg 施工前3.jpg
Bifore
施工後1.jpg 施工後2.jpg 施工後3.jpg
After
施工前4.jpg 施工前5.jpg 施工前6.jpg
Bifore
施工後4.jpg 施工後5.jpg 施工後6.jpg
After
美しく整列した瓦は以前と比べ物にならない位輝いています
1.jpg 2.jpg 3.jpg 
3.jpg 4.jpg 5.jpg
【屋根葺き替え工事】
近畿セラミックス 平板瓦スーパーセラユー(ブラウン)
《その他サービス工事》
■玄関屋根(瓦棒)塗装
《工期》7月6日~7月29日
H様のお宅は築37年の木造住宅です。
お電話でお問い合わせをいただきました。
今回のご依頼は屋根。
屋根はセキスイかわらU。
いわゆる石綿強化スレート瓦と言われる素材です。
元々の屋根材は瓦棒葺きの板金屋根で24年前の平成3年に現在のかわらUを葺いた(載せた)そうです。
その後一度塗装をされたそうです。
1.jpg 2.jpg 3.jpg
切妻の大きな屋根は迫力がありますがとても残念な事になっていました。
カビ (1).jpg カビ (2).jpg カビ (3).jpg
全体的に素材の劣化やカビの繁殖が見られました。
剝れ (1).jpg 剝れ (2).jpg 剝れ.jpg
屋根 (6).jpg
層間剥離
塗膜が剥がれているのではなく素材そのものがペラペラとめくれています。
ご主人は屋根から何かポロポロ落ちてくるなぁとお気づきになったそうです。
このように下地に問題がある場合は塗装によるメンテナンスをする事はできません。
そもそも歩くだけで割れちゃいます
形状からしてカバー工法もできないし、このスレート瓦の下には板金屋根が残っています。
何パターンかのご提案をさせていただきましたが最終的には陶器瓦の葺き替えをする事になりました。
これで今後はこれまでのように色褪せや剥がれを気にする事もありません。
DSC04597.jpg
そしてここは昨年の8.20大規模土砂災害の被災地の目の前でもあります。
数軒の家が土砂で押しつぶされ、すでに更地になっています。
現在も法面の工事が行われています。
ご主人や奥様にもあの大雨の日の恐怖をお聞きしました。
これからは私たちがおうちを守るお手伝いをさせていただきますね。
工事をお任せいただき本当にありがとうございました
完工.jpg
外壁・屋根の塗り替えはプロタイムズ広島北店『株式会社 佐々木塗装』におまかせ下さい!
大切なお住まいの見積り・点検一切無料!しつこい営業も致しません。
お気軽にお問い合わせ下さい。
くわしくはこちらにどうぞ電話
フリーダイヤル(通話料無料) 0120-116-795(イイイロ ナットクココ)
 
 
TEL  082-810-5310
 
 
E-mail: sasaki-tosou@poppy.ocn.ne.jp
『株式会社 佐々木塗装』のホームページはこちらです目
広島ブログ

ABOUT US

sasakitoso_logo


広島県知事許可(般 – 28)第33641号

株式会社 佐々木塗装

〒731-0212 広島市安佐北区三入東2丁目69-3
TEL:082-810-5310 FAX:082-810-5311