がまだすドーム(雲仙岳災害記念館)

2020年3月7日by 佐々木 良子ブログ家族や身内の事

次に訪れたのは 『がまだすドーム(雲仙岳災害記念館)』
P1340999.jpg

P1350002.jpg

1990年11月より約5年間にもおよぶ雲仙普賢岳の噴火。
この地で何が起き、人々はどのように乗り越えてきたか。
自然の驚異と災害の教訓を風化させることなく後世へ残しながら、火山や防災、ジオパークまで、幅広く学ぶことができる場所です。
「がまだす」というのは島原の方言で「がんばる」という意味なのだそうです。

1991年6月。300~400℃の熱波を発し時速100kmの猛スピードで流れ出した火砕流は民家を呑み込みあらゆる物を燃やし尽くしながら多くの犠牲者を出しました。
P1350007.jpg

P1350010.jpg

P1350013.jpg

P1350014.jpg

P1350022.jpg

P1350023.jpg

P1350024.jpg

P1350027.jpg

P1350029.jpg

P1350031.jpg

館内を案内してくれた女の子は20代の地元の子だという。
生まれる前に起きた大火砕流の事などリアルに知るはずもなく。
その頃リアルにテレビで映像を見ていた私が火砕流を知らない子に案内してもらうのがなんだか不思議な感覚でした。

火砕流で死亡した日本テレビのカメラマンが使用していた業務用ビデオカメラ
P1350037.jpg

今は穏やかな顔を見せる普賢岳にあれほどのエネルギーがあったとは。
自然の猛威に人間はなす術もなく。
P1350038.jpg

P1350004.jpg

外壁・屋根の塗り替えはプロタイムズ広島北店『株式会社 佐々木塗装』におまかせ下さい!

大切なお住まいの見積り・点検一切無料!しつこい営業も致しません。

お気軽にお問い合わせ下さい。

くわしくはこちらにどうぞ電話

フリーダイヤル(通話料無料) 0120-116-795(イイイロ ナットクココ)

 
 
TEL  082-810-5310
 
 
E-mail: sasaki-tosou@poppy.ocn.ne.jp

『株式会社 佐々木塗装』のホームページはこちらです

広島ブログ

ABOUT US

sasakitoso_logo


広島県知事許可(般 – 28)第33641号

株式会社 佐々木塗装

〒731-0212 広島市安佐北区三入東2丁目69-3
TEL:082-810-5310 FAX:082-810-5311