世界遺産『兵馬俑』

2019年3月25日by 佐々木 良子ブログ

今回の西安・洛陽の旅の一番の目的は世界遺産『兵馬俑』

1 (2).jpg

兵馬俑は秦の始皇帝を永遠に守るために副葬されたもので等身大の兵士や騎馬将軍をかたどった陶製の人形(俑)が整列しています。
1974年に井戸を掘るために土を掘っていた農民の楊さんによって最初の俑が発見されました。
2200年ぶりに地上に現れた兵馬俑、ゆっくりと見学です。

大きな秦の始皇帝の像がありました。
1 (1).jpg

先ずは1号抗。
1 (3).jpg
1号抗は兵馬俑最大の軍陣があり東西の長さ230m、南北の幅62m。面積は14,260㎡で俑を守る為の屋根がありドーム型の大型体育館のようになっています。
とにかく広い。
1 (4).jpg

1 (5).jpg

1 (7).jpg

1 (6).jpg

1 (9).jpg

1 (10).jpg

1 (11).jpg
整列する約8000体の俑の迫力に圧倒され言葉にならないほどでした。
俑は敵国が存在した東に向いています。
写真では小さなお人形のように見えますが俑の高さは約180cmで、重量は300kg以上。
一体一体表情が違っており身分により服装や髪形も違います。
埴輪は土色をしていますが元々はきれいに着色されていたそうです。
掘り起こしてから数時間経過すると(光が当たると)色が消えるそうです。
そこで一部の埴輪は着色された状態を保つ為に埋め戻したそうです。
俑は上半身は空洞ですが下半身は空洞ではありません。
粘土に緻密な彫刻を施し窯で焼く。
2200年前にこれだけの人形をどうやって焼いたのか、何で色を着けたのか、どうやって運んだのか、謎は深まるばかりです。

まだまだ発掘中のエリアもあります。
P1160771.jpg

修復室では修復中の俑がたくさんありました。
1 (13).jpg
なんだか痛々しい。

1号抗に続いて1976年に発見された2号抗。
1 (17).jpg

P1160915.jpg
まだまだ発掘途中です。

実物の俑が展示されていました。
「跪射俑」
1 (19).jpg
2号抗で160体が発見された上層の歩兵。

1 (20).jpg
服のあたりに着色されていた色が残っています。
圧巻なのは靴の裏の緻密な模様。

「中級軍吏俑」
1 (21).jpg

「高級軍吏俑」
1 (22).jpg
発見された7体の将軍のうちの1体です。

「鞍馬騎兵俑」
1 (23).jpg
2号抗で116体が発見されたそうです。

「立射俑」
1 (24).jpg
若く軽装な歩兵です。
痩せています。
こうしてじっくり見ていると身分の違いで服装や髪形、体形が違うのがわかります。

「青銅製の馬車」
1 (26).jpg

出土された状態の俑はこんな感じです。
P1160918.jpg

一番小さな3号抗。
1 (14).jpg

1 (15).jpg

P1160856.jpg
ここは司令部。
わずか68体しかありません。
ほとんど顔はありませんが司令部だけにここの俑はすべて将校です。

それにしてもいいお天気
1 (27).jpg

お土産さんが並んでいます。
1 (28).jpg

1 (29).jpg

秦始皇帝の陵(墓)
P1160946.jpg
こんもりした山です。
兵馬俑博物館から西に1.5kmの所にあります。
天下統一後70万人を動員し38年の年月を費やして建設されたお墓。
内部は地下宮殿や宝物で満たされたという墓室ですが中国では陵を発掘する事は禁じられており全容は謎に包まれています。

生で見る兵馬俑。想像以上のスケールで心から感動しました。
P1160775.jpg

外壁・屋根の塗り替えはプロタイムズ広島北店『株式会社 佐々木塗装』におまかせ下さい!

大切なお住まいの見積り・点検一切無料!しつこい営業も致しません。

お気軽にお問い合わせ下さい。

くわしくはこちらにどうぞ電話

フリーダイヤル(通話料無料) 0120-116-795(イイイロ ナットクココ)

 
 
TEL  082-810-5310
 
 
E-mail: sasaki-tosou@poppy.ocn.ne.jp

『株式会社 佐々木塗装』のホームページはこちらです

広島ブログ

ABOUT US

sasakitoso_logo


広島県知事許可(般 - 28)第33641号

株式会社 佐々木塗装
〒731-0212 広島市安佐北区三入東2丁目69-3
TEL:082-810-5310 FAX:082-810-5311